sunshine+cloud

GOOD SWELL JOURNAL/BLOWING IN THE WIND/#13

明日はあきらめない

「昨日はあきらめても、明日はあきらめない。」
先日読んだあるコラムにこんな言葉が載っていた。日本人は、自然と共生し、農耕民族として生きてきた。そして、日本人は大昔から天災や自然災害を数多く経験してきているので、このように考える遺伝子があるそうだ。
また、五木寛之は「人間の覚悟」という本の中で、「あきらめる」とは「明らかに究める」と書いている。「あきらめる」とは投げ出すことでなく、希望でも絶望でもなく、ありのままの現実を、勇気をもってはっきり認めること、それを著者なりの解釈で「あきらめる」「明らかに究める」としている。 ありのままの現実を勇気を持ってはっきりと認めながら、明日をあきらめない。難しことだが、今、とても必要なことだ。
今回の震災で改めて、自然災害を前にして人間の無力さに気づかされた。それでもやはり、自然の美しさや、素晴らしさを感じ、その中で生かされていることを意識したい。 海は、海辺で暮らす人たちにとって、多くの恵みをもたらし、そして、心を包み暖かく癒してくれる存在でもあるはずだ。
これからもいつものように海辺を歩こうと思う。(ht)

<< OLD ENTRIES

RECENT ENTRIES >>